2016/12/08

頑張った「ワタシ」にご褒美!愛する家族にプレゼント?この冬オススメのTernのバイク4選

本格的に寒くなり、気がついたらクリスマスもいよいよ間近。この1年頑張った自分へのご褒美や、愛する家族への感謝の気持ちを込めて、Ternのバイクをプレゼント!されては如何でしょうか。クリスマスプレゼントにオススメのモデルを選んでみましたので、ぜひご覧ください。




Verge P9 EKO(ヴァージュ P9 EKO)
音楽とエコから生まれた特別限定車。
世界的音楽プロデューサー兼アーティストである、ブラック・アイド・ピーズのメンバーwill.i.amとコカ・コーラ社とのコラボレーションで誕生した限定生産のEKOCYCLE。
Speeds:9
Wheel Size:20"(406)
Weight:11.0kg
Suggested Rider Height:142-190cm
Seatpost to Handlebar:Min:580mm Max:640mm
Saddle to Pedal:Min:690mm Max:950mm
Folding Size:W79×H72×D38cm
¥109,000(税別)

*オトナっぽい配色と特別限定車のプレミアム感がクリスマスプレゼントにぴったり。女性から男性へのプレゼントのほか、自分へのご褒美にも納得のクオリティ。

Color:Black/Red




Link C8(リンク C8)
クラシカルな佇まいの新たなスタンダード。

上位シリーズに装着されるハンドルポストを装備し、先進的なスタイルのTernの中でひと際目立つクラシカルなスタイルが、雑多な街を爽やかに彩る中和剤となる。
Speeds:8
Wheel Size:20"(406)
Weight:11.8kg
Suggested Rider Height:142-190cm
Seatpost to Handlebar:Min:600mm Max:650mm
Saddle to Pedal:Min:700mm Max:960mm
Folding Size:W80×H73×D39cm
¥64,000(税別)


*街乗りに十分な装備とクラシカルなデザインのLink C8。服の色を選ばない白系のフレーム色を選べば、彼女にも喜ばれるかも。

Color:Ivory/Green



Crest(クレスト)
時間を彩るデイリーバイク。
~軽快で直感的に楽しめるスタイリッシュなフォルムがあなたを華やかにデザインする~

多くの方にフィットさせたいという想いが、この価格帯では珍しい2サイズ展開を実現させた。多彩なポジション変更やアクセサリーが自分だけの空間を彩る。美しいホリゾンタルシルエットが生み出すスポーティさと利便性、実用性を兼ね備えたアーバンコミューターが誕生した。
Speeds:8
Frame Size(Wheel Size)/Suggested Rider Height:
46( 451) / 150 to 165cm
50( 451) / 160 to 180cm
¥51,000(税別)


*TernとKitt design のコラボレーションプロジェクトにより生まれた“ROJI BIKES”シリーズからは、ノンフォールディングミニベロ(折りたたまないミニベロ)のCrestをチョイス。クリスマスプレゼントにちょうどいい価格帯ながら、末永く乗っていただけるアーバンコミューターです。

Color:Red



Rip(リップ)
妥協なき思想と情熱が生み出す圧倒的な存在感。
~空間を切り裂くエアリーで攻撃的なスタイルがストリートを加速させる~

シンプルでアシンメトリーに生まれ変わったグラフィックやTTバイクの様なエアロフレームが目立つが、リアセンターを短めに設計することでチェーンの駆動ロスを軽減し漕ぎ出しを軽くするなど機能面でも一目置かれる存在に。
Speeds:8
Frame Size( Wheel Size)/Suggested Rider Height:
46( 650C) / 148 to 165cm
50( 650C) / 160 to 175cm
54( 700C) / 170 to 185cm
¥78,000(税別)


*こちらは“ROJI BIKES”シリーズのクロスバイク。小柄な方から高身長の方までジャストフィットでお乗りいただけるフレームサイズをご用意しています。

※フレーム本体の美しいデザインはそのままに、日本人ライダーの“乗りやすさ”と、乗車した時の“美しいスタイル”を追求したTernのクロスバイクのヒミツはこちら → Link

Color:White



皆さんひとりひとりにとって、素敵なクリスマスでありますように。
I wish you a Merry Christmas!

2016/12/05

Pickup Dealers Vol.04 avelo Bicycle shop(東京都中央区)

ハイエンドモデルからコンフォートモデルまで幅広くTern Bicyclesを取り扱い、特に高い技術と幅広い知識を兼ね備えた正規代理店(Premium Dealer)を定期的にご紹介する企画。第4回の今回は、東京都中央区のavelo Bicycle shop(アヴェロ バイシクル ショップ)です。



ふらりと入れるハードルの低さでも、整備のレベルは高く!

衣類の問屋が軒を連ね、左右を眺めながら歩くだけでも楽しい街、馬喰町。店主の齋藤さんがこの地に店を構えたのは2011年でした。以来、街の移り変わりを見つめながらお店を切り盛りしています。「最近ではマンションが増えたせいか家族連れのお客様が増えたり、昔ながらの自転車店が廃業したために一般車の修理が増えたりもしているようです。うちはバリバリにレースを楽しむ人のサポートもするし、カジュアルに乗りたい方や初心者の方も大歓迎。カスタムも、車種を問わず何でもできますよ」

もともとは機械エンジニアだった齋藤さん、その知識に裏打ちされた整備や修理のテクニックは確かなもの。「効率が悪いのはわかっているけれど」、新車もきっちり一から組み直してお客さんの手に渡します。それでいてお店は入りやすく、お買い物の途中でパンク修理にくる女性の姿も。老若男女が気軽に立ち寄れる“まちの自転車屋さん”としての役目も果たしているのです。



Ternをオススメしたいのはどんな人?

アヴェロではロード乗りのお客様も多いため、セカンドバイクとしてTernが選ばれることもあると話す齋藤さん。ノーマルでのスペックが優れているので、カスタムしなくてもそのまま楽しめる点が強みだとも語ってくれました。スタイリッシュなルックスも相まって、ビギナーにも勧めやすいそうです。

「以前はちょっとラグジュアリーというか、優雅なイメージが強かったですが、最近はカジュアルなモデルも充実してきました。デザインで選ばれる方も多いですね。また、Ternは24インチや26インチといったサイズがあるのもポイント。折りたたみでもしっかり長距離を走りたいという方や、外国人の方など大柄なお客様にもオススメしています」



「買おうかどうか悩んでいる方も、そこから一緒に考えます」

こちらでは、お客様全体の5割ほどが小径車ユーザーだとのこと。「通勤など、気軽に使う方も多く来店されるので、入りやすいお店であることを大切にしています。だからたとえば“常連さんがいっぱいで怖い!”なんていうこともありません(笑)。どう使うか、どんなモデルがいいのか、一緒に悩んで考えましょう」

アヴェロに来店するお客さんがやるべき大事なことはただひとつ、“お気に入りの一台を見つける”ことだけ。その一台を“快適に乗れるよう整備する”という重要な仕事は、齋藤さんが全面的に引き受けてくれるのです。



<基本情報>
店名:avelo Bicycle shop
   (アヴェロ バイシクル ショップ)
住所:東京都中央区東日本橋3-9-11
TEL:070-5075-8192
営業時間:9:00〜21:00(月~土)、
     9:00〜19:00(日)
定休日:なし(不定休あり)
*Link → 公式サイト


※この記事で紹介している店舗の基本情報やその他掲載内容は、2016年11月時点の取材に基づいています。

Pickup Dealers Vol.03 サイクルスタジオハクセン(東京都台東区)

ハイエンドモデルからコンフォートモデルまで幅広くTern Bicyclesを取り扱い、特に高い技術と幅広い知識を兼ね備えた正規代理店(Premium Dealer)を定期的にご紹介する企画。第3回の今回は、東京都台東区のサイクルスタジオハクセンです。




スポーティすぎない、親しみやすいスポーツバイクが揃う

サイクルスタジオハクセンは、アメ横散歩のついでにも立ち寄りたくなる下町エリアにあります。すぐ近くには一般車やアシスト車を扱う別店舗を構え、スポーツバイクを扱うこちらとジャンルを分けています。

「のんびり系の人もカジュアルに楽しんでもらえるラインナップを目指しています。周辺には、アルミやカーボンのスポーティな自転車を主に扱う大型店もありますが、うちは小径車はもちろん、ロードバイクでも鉄の自転車が多めですね」と話してくれたのは、スタッフの伝宝(でんぼう)さん。ショップのサイトも充実しているため、検索して来店するビギナーも多いそうです。

「5〜10万円ぐらいで最初の1台を探しているような方が多いです。インターネット通販も行なっているのですが、ネットで見た自転車を実際に見にきた、という方もよくいらっしゃいます」在庫もあまり絞り込まずに取り揃えており、幅広いジャンルの中から、本当にほしい1台を見つけてほしいと考えています。




Ternをオススメしたいのはどんな人?
「ゆっくり街乗りしたいという方には、Ternのクロスバイクはぴったり」だとのこと。おしゃれなルックスもあって、ブルホーンハンドルにカスタムしたモデルも人気が高く、よく売れるそうです。

また、体格のいい人が折りたたみ自転車を希望する場合も、とくにTernを勧めることがあるという伝宝さん。「可動部分もしっかりしていて、耐加重が他ブランドより重めだからです。フレームの剛性も高いし、メーカーの自信を感じています」そのほか、「どれがいい?」と相談された場合、伝宝さんが勧めるのはVerge(ヴァージュ)シリーズ。「見た目もかっこいいし、とくに8段変速のモデルが使いやすいスペックでオススメです」




「あいまいな希望でも、スタッフがきちんと汲み取ります!」

お客様の要望に応えることを重視し、押し付けない接客を心がけているというこちらのお店。実は伝宝さんが自転車好きになったのも、折りたたみモデルがきっかけでした。そのため、今も折りたたみ自転車に愛を持って扱っています。

「フォールディングバイクなんてダメだ、という偏見は捨ててほしいですが、やみくもに勧めることもしません。“本当にたたみますか?”と確認することもあります(笑)。用途を確認しつつ、その人に合うものを選んでもらうようにしています。どうしたいかわからなくても、話すことで固まってくると思いますよ」

こちらはフレームサイズにより一回り小さな650Cサイズのホイールも採用しているTernのクロスバイク。「いまはこれがオススメです。日本人の体格にも合うし、すごくよく走るんですよー。見た目もね、たたまなくてもいい人にはすごくいいです」


<基本情報>
店名:サイクルスタジオハクセン
住所:東京都台東区台東4-13-20
TEL:03-3831-0792
営業時間:12:00〜20:00(月~土)、
     11:00〜19:00(日・祝)
定休日:水曜日、第3木曜日
*Link → 公式サイト


※この記事で紹介している店舗の基本情報やその他掲載内容は、2016年12月時点の取材に基づいています。

2016/11/30

イベント出展のお知らせ(第3回スポーツバイクデモin大阪)

12月10日(土)に大阪南港ATCで開催されるY's Road主催の自転車イベント「第3回スポーツバイクデモin大阪」にブース出展しますので、お知らせいたします。


「走って! 見て! 試して! 楽しんで! お得に買える!」5拍子揃ったスポーツサイクルの祭典『スポーツバイクデモ(SBD)』が今年も開催。大阪は3回目を迎えます。

名称:第3回スポーツバイクデモin大阪
主催:株式会社ワイ・インターナショナル内 スポーツバイクデモ実行委員会
日程:2016年12月10日(土)
会場:大阪南港ATC ピロティ広場&屋外特設コース
入場:無料
内容:展示会、試乗会、アウトレット即売会、新車受注会
*Link → イベント公式サイト


当日ご用意するTernの試乗車は以下のとおりです。フォールディングバイクからクロスバイク、ノンフォールディングミニベロまで試乗車としてご用意いたします。(車体画像クリックで拡大)

Verge X11(ヴァージュ X11)
流麗なフォルムが生み出す美しさとスポーツの融合。
最高峰Xクラスに圧倒的な存在感を放つ451のNewモデルが登場。超ワイドギアとディスクブレーキが、走りへの欲求をどこまでも駆り立てる。斬新なカラーリングとコンポーネントが調和することで生まれる先進的なスタイリングは時代の流れを加速させる。
Speeds:11
Wheel Size:20"(451)
Weight:10.2kg
Suggested Rider Height:142-190cm
Seatpost to Handlebar:Min:610mm Max:660mm
Saddle to Pedal:Min:660mm Max:930mm
Folding Size:W80×H74×D38cm

試乗車Color:Matte Black/Black(Bright Blue)


Verge P10(ヴァージュ P10)
他者を寄せつけない進化を実現。
451ホイールと最上位モデルの高剛性フロントフォークにワイドギアを搭載。油圧ディスクブレーキで雨天時にも制動力を発揮する。
Speeds:10
Wheel Size:20"(451)
Weight:11.7kg
Suggested Rider Height:142-190cm
Seatpost to Handlebar:Min:610mm Max:660mm
Saddle to Pedal:Min:650mm Max:910mm
Folding Size:W80×H74×D38cm

試乗車Color:Matte Silver/Black(Red)


Verge D9(ヴァージュ D9)
機能美と利便性を併せ持つ進化の過程を垣間みる。
Ternの新たな451ホイールのエントリークラスでありながら、VROステムを標準装備し、よりスポーティに演出。
Speeds:9
Wheel Size:20"(451)
Weight:12.2kg
Suggested Rider Height:142-190cm
Seatpost to Handlebar:Min:620mm Max:670mm
Saddle to Pedal:Min:700mm Max:960mm
Folding Size:W80×H74×D44cm

試乗車Color:Red/Black(White)


Verge N8(ヴァージュ N8)
日本人の体格に合わせて作られた求められるべき個性。
Ternを代表するVergeの中で圧倒的な人気を誇るN8。新たにシンプルなグラフィックに生まれ変わり、より一層フレームの曲線美を演出する。
Speeds:8
Wheel Size:20"(406)
Weight:11.0kg
Suggested Rider Height:142-190cm
Seatpost to Handlebar:Min:590mm Max:630mm
Saddle to Pedal:Min:690mm Max:950mm
Folding Size:W79×H72×D38cm

試乗車Color:Matte Black/Gray(Red)


Link C8(リンク C8)
クラシカルな佇まいの新たなスタンダード。
上位シリーズに装着されるハンドルポストを装備し、先進的なスタイルのTernの中でひと際目立つクラシカルなスタイルが、雑多な街を爽やかに彩る中和剤となる。
Speeds:8
Wheel Size:20"(406)
Weight:11.8kg
Suggested Rider Height:142-190cm
Seatpost to Handlebar:Min:600mm Max:650mm
Saddle to Pedal:Min:700mm Max:960mm
Folding Size:W80×H73×D39cm

試乗車Color:Light Blue/White


Eclipse D16(イクリプス D16)
26インチの走破性。
太めのタイヤとディスクブレーキで安心できる走破性を実現。標準装備のアンドロスステムがポジショニングを容易にする。
Speeds:16
Wheel Size:26"
Weight:14.8kg
Suggested Rider Height:148-195cm
Seatpost to Handlebar:Min:630mm Max:700mm
Saddle to Pedal:Min:795mm Max:1050mm
Folding Size:W91×H75×D44cm

試乗車Color:Matte Gunmetal/Gray(Silver)


Gleam(グリーム)
期待を超える、マスターピース。
~大人の心を満たすシルエットと高級感が斬新なビジョンを生み出す~
クロモリフレームにスムースウェルディング、さらにはF i n加工と逆スローピングにより優美に輝く今までに無いフレームに仕立て上げた。オヤジだから分かる、小僧には理解し得ないその姿体を、高性能な機能美が包み込むことで革新的な進化につながる。
Speeds:20

試乗車Frame Size(Wheel Size)/Suggested Rider Height:53( 650C) / 170 to 185cm
試乗車Color:Black


Rip(リップ)
妥協なき思想と情熱が生み出す圧倒的な存在感。
~空間を切り裂くエアリーで攻撃的なスタイルがストリートを加速させる~
シンプルでアシンメトリーに生まれ変わったグラフィックやTTバイクの様なエアロフレームが目立つが、リアセンターを短めに設計することでチェーンの駆動ロスを軽減し漕ぎ出しを軽くするなど機能面でも一目置かれる存在に。
Speeds:8

試乗車Frame Size( Wheel Size)/Suggested Rider Height:50( 650C) / 160 to 175cm
試乗車Color:Matte Black


Rivet(リベット)
類い希な美的センスが表現するネオクラシックロード。
~新旧のハイブリッドとも言えるストリートで一層輝く進化が心を震わせる~
個性的でゴージャスな印象を受けつつも、根底にあるのはストリート。ドロップハンドルだがフラットバー感覚で楽しめる。どんなスタイルにも合う不思議なフォルムは、NEXTSTAGEへと導くアーバンスタイルの進化系。
Speeds:8

試乗車Frame Size(Wheel Size)/Suggested Rider Height:54( 700C) / 170 to 185cm
試乗車Color:Purple


Clutch(クラッチ)
多彩なファッショニスタ。
~スタイリッシュ且つスポーティな姿が街を自分色に染める~
4つのサイズ展開で2種類のホイールサイズ(650C/700C)を用い、さらに、8色準備したことで、より一層日本人の様々な体格と個性をフォローする。
Speeds:8

試乗車Frame Size(Wheel Size)/Suggested Rider Height:42( 650C) / 145 to 160cm
試乗車Color:Pink

試乗車Frame Size(Wheel Size)/Suggested Rider Height:48( 650C) / 155 to 170cm
試乗車Color:Royal Blue


Surge(サージュ)
アーバンスポーツクロスオーバー。
~新たな感性が躍動する、利便性とスポーツの融合~
都会での移動だけでなく、ロングライドなど多彩なシーンでの活躍が期待される。攻撃的で美しいホリゾンタルのシルエットと451規格の20"ホイールがよりスポーティさを強調する。ライダーを新たな水準へと沸き立たせる相棒は、見るものの心を奪い取る。
Speeds:16

試乗車Frame Size(Wheel Size)/Suggested Rider Height:46(451) / 150 to 165cm
試乗車Color:Matte Red

試乗車Frame Size(Wheel Size)/Suggested Rider Height:50( 451) / 165 to 180cm
試乗車Color:Matte Black


Crest(クレスト)
時間を彩るデイリーバイク。
~軽快で直感的に楽しめるスタイリッシュなフォルムがあなたを華やかにデザインする~
多くの方にフィットさせたいという想いが、この価格帯では珍しい2サイズ展開を実現させた。多彩なポジション変更やアクセサリーが自分だけの空間を彩る。美しいホリゾンタルシルエットが生み出すスポーティさと利便性、実用性を兼ね備えたアーバンコミューターが誕生した。
Speeds:8

試乗車Frame Size(Wheel Size)/Suggested Rider Height:46( 451) / 150 to 165cm
試乗車Color:White


*ご用意する試乗車は事情により変更になる場合があります。
*イベントの詳細についてはイベント公式サイトをご覧ください。
*DAHONの試乗車はこちらをご覧ください。

2016/11/28

雑誌「クロスバイク購入完全ガイド2017」掲載のお知らせ

2016年11月28日発売の「クロスバイク購入完全ガイド2017」(コスミック出版)においてTernのバイクが紹介されましたので、お知らせいたします。

37ブランド162台を収録した同誌では、クロスバイク選びのポイントからメンテナンスや走り方まで、初心者向けに優しく解説。加えて、30台を厳しくインプレッションした記事などが掲載されています。Ternはブランド紹介ページおよびROJI BIKES紹介ページにおいて、クロスバイク4モデル、ミニベロ3モデルが紹介されました。






誌面で紹介されたクロスバイク各モデルはこちら。



TernとKitt design のコラボレーションプロジェクトを総称して“ROJI BIKES”と呼ぶ。「ROJI」とは「路地」を意味し、ストリートユースとしての利便性と実用性を兼ね備えたスタイリッシュかつスポーティでファッショナブルな最高のアーバンバイクを目指し、ライダーの「乗りやすさ」と乗車したときの「美しさ」を追求する。カルチャー・ファッション・ライフスタイルなど様々な事柄に焦点を当て、新たな作品を生み出し続けるKitt design。彼らとのコラボレーションにより、さらなる革新的な唯一無二の存在となり、新時代の扉が開く。さらに、2017年モデルからは新たに折りたたまない小型コミューターとしての「ミニベロ」を追加し、それと同時に世界にROJI BIKES が羽ばたく。世界の人々を笑顔にするため、強い思想と熱い情熱が揺るぎない自信となり世界中で躍動する。


Gleam(グリーム)
期待を超える、マスターピース。
~大人の心を満たすシルエットと高級感が斬新なビジョンを生み出す~
クロモリフレームにスムースウェルディング、さらにはF i n加工と逆スローピングにより優美に輝く今までに無いフレームに仕立て上げた。オヤジだから分かる、小僧には理解し得ないその姿体を、高性能な機能美が包み込むことで革新的な進化につながる。
Speeds:20
Frame Size(Wheel Size)/Suggested Rider Height:
49( 650C) / 160 to 175cm
53( 650C) / 170 to 185cm

Black


Rip(リップ)
妥協なき思想と情熱が生み出す圧倒的な存在感。
~空間を切り裂くエアリーで攻撃的なスタイルがストリートを加速させる~
シンプルでアシンメトリーに生まれ変わったグラフィックやTTバイクの様なエアロフレームが目立つが、リアセンターを短めに設計することでチェーンの駆動ロスを軽減し漕ぎ出しを軽くするなど機能面でも一目置かれる存在に。
Speeds:8
Frame Size( Wheel Size)/Suggested Rider Height:
46( 650C) / 148 to 165cm
50( 650C) / 160 to 175cm
54( 700C) / 170 to 185cm

Matte Black

White

Matte Sand Silver


Rivet(リベット)
類い希な美的センスが表現するネオクラシックロード。
~新旧のハイブリッドとも言えるストリートで一層輝く進化が心を震わせる~
個性的でゴージャスな印象を受けつつも、根底にあるのはストリート。ドロップハンドルだがフラットバー感覚で楽しめる。どんなスタイルにも合う不思議なフォルムは、NEXTSTAGEへと導くアーバンスタイルの進化系。
Speeds:8
Frame Size(Wheel Size)/Suggested Rider Height:
46( 650C) / 148 to 165cm
50( 650C) / 160 to 175cm
54( 700C) / 170 to 185cm

White

Red

Purple

Slate Blue Metalic


Clutch(クラッチ)
多彩なファッショニスタ。
~スタイリッシュ且つスポーティな姿が街を自分色に染める~
4つのサイズ展開で2種類のホイールサイズ(650C/700C)を用い、さらに、8色準備したことで、より一層日本人の様々な体格と個性をフォローする。
Speeds:8
Frame Size(Wheel Size)/Suggested Rider Height:
42( 650C) / 145 to 160cm
48( 650C) / 155 to 170cm
51( 650C) / 165 to 175cm
54( 700C) / 170 to 185cm

Matte Black

White

Lime Green

Royal Blue

Pink

Yellow

Purple

Silver


*ミニベロ(Non-Folding Minivelo)についてはこちらをご覧ください。
*誌面の詳細については書店にて「クロスバイク購入完全ガイド2017」をお買い求めの上ご覧ください。

2016/11/25

Pickup Dealers Vol.02 LORO馬車道(神奈川県横浜市)

ハイエンドモデルからコンフォートモデルまで幅広くTern Bicyclesを取り扱い、特に高い技術と幅広い知識を兼ね備えた正規代理店(Premium Dealer)を定期的にご紹介する企画。第2回の今回は、神奈川県横浜市のLORO馬車道です。



好きになれる愛車を、ゆっくり一緒に見つけてくれるお店


華やかな横浜エリアにありながら、喧騒を少し離れた静かな立地がちょうどいい。暖かな照明が照らすスタイリッシュな店内には、TernやDAHONといった一般的なフォールディングバイクからリカンベントまで、幅広いジャンルの自転車が並んでいます。LORO馬車道店は、そのロケーションもあってか、女性客や初心者の来店者も少なくないそうです。

「買い物がてら、気軽に来られる方も多いんだと思います。また反対に、しっかり下調べして指名買いでみえる自転車好きの方もいらっしゃいますよ」
そう話すのは、優しく柔らかな物腰の店長・田村さん。「タイヤが小さいと進まないんでしょ?」と考えているようなビギナーにも、小径車のメリットをていねいに説明してくれます。もちろんそれだけではなく、自転車ファンのさまざまな要望に応えるカスタム技術も確かなもの。
「どんなカスタムも得意です。街乗りでも高速でも、あまり極端にならないようにお客様ときっちり相談しますね。“いい意味で普通”な、使いやすい自転車を一緒に考えるようにしています」


Ternをオススメしたいのはどんな人?

「折りたたみ機構がとても使いやすいので、たたんで遠くに持って行きたいという方や、マンションで置く場所がない……というような方にオススメすることが多いですね。最近では、イヤーモデルに切り替わってデザインが変わったことで、そのルックスが気に入った! という方が続きました。カラーバリエーションが多いのもいいですよね」

周辺に坂道が多い土地柄、カスタムの汎用性も高いことも大きなポイント。楽に登れるスペックに変更することを考えても、地元のお客様にも勧めやすいのだそうです。

競合候補として挙がりやすい他ブランドとの違いも踏まえてアドバイスしながら、納得して選んでもらっているとのことでした。
マウンテンバイクも乗りこなす田村さん。幅広い知識がカスタムに活きてくる。

「なんでも柔軟に対応できます。
 好きな自転車に乗るのが一番」


自身も普段から折りたたみ自転車を活用している田村さん。気軽に楽しんで乗ってほしいので、初心者や女性が敬遠しがちな、日常のメンテナンスでの来店も歓迎だと話します。

「愛車の選び方や遊び方は、どんなスタイルもOKだと思います。人気があるから、流行っているから……などではなく、自分が好きだと思えるものを見つけるのが絶対にいい。いろいろ見ていろいろ試して、お気に入りの1台を見つけてください」

試乗車はブランドを問わず豊富に用意している同店。お店の近くに、自転車で巡りたくなる場所がたくさんあるのも魅力的です。


<基本情報>
店名:LORO馬車道(ローロ バシャミチ)
住所:神奈川県横浜市中区太田町5-69
   山田ビル104
TEL:045-662-5612
営業時間:10:30〜19:30
定休日:火曜日
*Link → 公式サイト


※この記事で紹介している店舗の基本情報やその他掲載内容は、2016年11月時点の取材に基づいています。